『女教師もぎたてザクロ』

新学期になると新任の美人女教師が担任となった。
とても巨乳な先生だが、その分プランパーで
尻はまるで完熟した洋ナシのようだった。

このブ○を…

…だが、俺はこのブ○を抱いてみたいと思った…




…生徒指導室で生徒の相談に乗る心優しい巨乳女教師だったが
それは淫靡な罠だった。

教師らしい清楚なブラウスに包まれた巨乳が眼前で揺れる…
相談を躊躇する素振りを見せると
秘密は誰にも言わないから安心して…などと言う女教師。

だが、やがて強烈に中出しされ、堕とされてゆく芳醇な乳と尻…。
その日、生徒指導室は×××小屋となった…。

悩み事は…

それで悩み事は何なの…

先生を思いっきり…

ええ実は…
先生を××したいんですけど…




さあ、楽しい楽しい種付けタイムの始まりだ…

たまらん乳ですな…

コイツはまるでコンニャク畑…
たまらん乳ですな先生…

プリントパンティー

安っぽい
プリント地の花柄パンティーなんか
穿きやがってよ…

弄られる××

執拗に弄られ続け
じわじと熱気と湿り気を増してくる
女教師の割れ目…
薄いナイロン生地のパンティーは指の滑りもよく
呻き悶える肉芽の感触もよく伝わってくる。

パンティー越しに肉芽を根元まで剥き上げ
ひとしきり弄ぶ…




…むっちりとした白い下腹部に張り付いている
パンティーの上部のへりを摘まんで、その内底を覗き込むと
まばらな繊毛に覆われた美しい恥丘が見えた。
やがて尻の割れ目へと繋がり下りて行くそのカーブは実に美しく
甘く芳醇な匂いを放っていた。

芳醇な先生の匂い

(先生の奴…こんな生えっぷりさせてやがった)

おもむろにその美しい恥丘を鷲掴みにして
柔らかいヘアーを一気に引き毟る…

愕然と絶叫する女教師の股間を覗きこみ
毟り残した哀れなヘアーを指で摘まんでプチプチ抜き取る。

…それから、すでにブラウスの上から感触を確かめておいた
巨乳を弄りに取り掛かる。

乳を剥く

ブラジャーから乳を掘り出すように摘まみ出すと
大きな乳りんのマシュマロ乳が出現した。

(おおすげえ…乳もデカいが乳りんもデカいな先生)

コンプレックスとなっている大きな乳りんを晒しモノにされ
見ないでと泣いて懇願する女教師だが
やりたい放題、激しく揉み捲くられて次第に目も虚ろに…。




『女教師もぎたてザクロ』は制作中の作品です。
ここで紹介している画像は、プロトタイプのテストピースで
内容や配色など変更になるかもしれません。

なお、例によって完成がいつになるのか、はっきりしていません。
気長にお待ちいただきますよう。